読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG・BLOG

東杜来のブログです。月に1,2回の更新。

個人的に名曲!「パンとピストル」

 たまーに、僕は自分の好きなアーティストについて記事を書いていたりするのだが。

 

 実のところ、僕はアーティストとして好きなことよりも、曲単位で好き嫌いが決まっていることが多かったりする。アーティストとして好きというのは、本当にごく一部だ。

 つーことで、曲単位で紹介したいなぁって思って、そういう記事を書くのである。

----------------------------------------------------------------------------------

 第五弾。

紹介するのは、これ。

 

パンとピストル

パンとピストル

THE NEUTRAL パンとピストル ‐ ニコニコ動画:GINZA

 

 THE NEUTRALの「パンとピストル」である。おそらく、だいたいの人がTHE NUETRALのことをほとんど知らないと思われるが、このバンドは、かつてNHKでやっていた番組「熱唱オンエアバトル」に常連のようによく出ていたバンドだ。

 そして、才能を買われて、かつて、なるたるのOPテーマに採用されたこともあるバンドでもある。おそらく、そのOPテーマに採用された日曜日の太陽ならば、聞いたことがある人も多いことだろう。「パンとピストル」はその日曜日の太陽と同じアルバムに入っている楽曲だ。

 

 聞けば一発でわかると思うけれども、相当、特殊な曲だと思う。なにが特殊かというと、それはもちろん、歌詞が、である。メロディやコード進行は決して特殊ではないし、曲の構成も普通なのだが、この曲の歌詞は相当変である。まず、サビが「パンパン パンパンパン パンパン パンパンパン」とパンを繰り返すだけなのもアレなのだが、まあ、この程度の奇妙さであればよくあることだ。フジファブリックの「銀河」などもサビが「パッパッパッ パラッ パラッ」だったりするから。

 

 ただ、この物語はAメロBメロの歌詞もかなり変なのである。まず、何を考えているのか、歌詞の内容が童話なのである。歌詞の内容が、童話、物語になっている曲はもちろん他にもあって、BUMP OF CHICKENの「K」などがあるが、パンとピストルはそういう他の童話的な曲とも歌詞の内容が違う。

 なにせ、童話の中に登場するのは、「あの子」「ぼく」「ヤクザのおじさん」「ホームレスのおじさん」なのだから。しかも、主人公である僕は、ヤクザのおじさんから銃を渡されたりまでしている。前述したサビの「パン」も実は、食べ物のパンと、銃声のパンを引っ掛けたダブルミーニングになっている。

 なにかの悪い冗談じゃないかと思う内容だろう

 

 この地味にダークな歌詞の内容と、対照的なほどに、異様に明るい曲調が相まって、エポックメイキングな印象がとても強い曲となっている。しかも、このエポックさでありながら、実は歌詞のあらすじ自体は、至ってシンプルな成長譚となっていることも、極めて面白い。

 見た目、軽いのだが、実は軽くないというところが、非常にカッコイイ曲だ。

 

 個人的には、これは名曲だと思う。