BLOG・BLOG

東杜来のブログです。月に1,2回の更新。

syrup16が好き

 病んでいると思うなら、病んでいると思うがいい

 どう思われようとも、僕はsyrup16gが大好きである。特殊なリバーヴを多用した、独特のギターサウンドで、聞いている側を惑わせるようなフレーズを繰り返しながら、どこか歌謡曲的なエッセンスも入りつつ、しかし、根本は日本的というよりUK的というメロディで、鬱屈しているとも違う、単なる自己否定でもない、強烈な否定の中で、なにかをさりげなく肯定しようとしている歌詞を歌う。そんな五十嵐の独特すぎる感性を、中畑、キタダが最大限に汲み取って活かし、曲に表す。技術含めて、全てが僕にとっての理想的なバンドだと思う。個人的には、彼らの曲の中でも、「実弾」「手首」「リアル」「これで終わり」「サイケデリック後遺症」「(I'm not) by you」が特に好きである。何かといえば、この六つを聞いている気がする。――ともすれば、この選曲になるのは、ファンの中では変わっている方かもしれない。僕は言っても、なんだかんだ明るいところも多い人間だから、他のメンヘラを自称するようなファンの人とは、ちょっと違うのかもしれない。ネガティブなこともいうが、ポジティブで脳天気なとこも結構ある。そんな平々凡々人間だ。しかし、そんな僕でも、やっぱりsyrup16gはいい。忘れがたいバンドだ。

Hurt

Hurt

広告を非表示にする