BLOG・BLOG

東杜来のブログです。月に1,2回の更新。

今月の一枚

f:id:harutorai:20171106162008p:plain

ARMS、なぜか最近になって急に始めたんだよねー。で、ミェンミェンをよく使っているので一枚。今回は立体感を出すために、ちょっと小技を使ってみた。結果的に結構上手く行ったかな?

 

↓作成過程GIF

f:id:harutorai:20171106162132g:plain

AbemaTVの72時間テレビは、本当にテレビの終わりを意味しているのか。

 ジャニーズの内乱やらなにやらについては、とんと興味がない自分だが、それでも今回の72時間テレビの行方は非常に気になっていた。

 まあ、みんな、だいたい感じていたことだと思うが、このSMAP分裂解散騒動に端を発し、回り回って行われることになったAbemaTVの企画は、「新しい時代の転換」を感じさせるものだった。

 

 自他共に文句なく認める、国民的スターが積極的にネット活動を始めるーーユーチューバーになる、なんて、前代未聞だったからである。その皮切りとして、この「三日間、インターネットTVで連続生放送」という盛大な花火が打ち上がる話を聞いたとき、誰もが思ったはずだ。

 これは絶対、時代が変わると。

 で、自分もそのように感じていて注目していたのだが、今回、この72時間テレビを実際に見ていく中で、自分は自分の中にあった「大きな誤認識」に気づいたので、それを書いていきたいと思う。

 

 自分はずっと72時間テレビは、「テレビからネットへの変遷」を意味していて、なおかつ、これは「テレビvsネット」という構図を明らかにするものなのだと思っていた。だが、どうもこれが違うようなのだ。

 テレビがネットと対立していないのである。それどころか、協力的なのだ。

 これは72時間テレビ、フィナーレの72曲ライブで明確に現れていた。

 

72曲ライブは、以下の楽曲を新しい地図の三人が歌っていた。

1.学園天国
2.バンザイ~好きでよかった~
3.今宵の月のように
4.innocent world
5.キセキ
6.イージュー★ライダー
7.あの素晴らしい愛をもう一度
8.Around The World
9.WON'T BE LONG
10.WOW WAR TONIGHT~時には起こせよムーヴメント~
11.ガッツだぜ!!
12.CHE.R.RY
13.涙のリクエスト
14.Love Somebody
15.スリル
16.ラブリー
17.OH MY LITTLE GIRL
18.Diamonds
19.HELLO
20.愛してる
21.サイレントマジョリティ
22.打上花火
23.恋
24.少年時代
25.青空
26.僕の見たビートルズはTVの中
27.奇跡の地球
28.SOMEDAY
29.いつか
30.涙のキッス
31.不滅の男
32.ひまわりの約束
33.Romanticが止まらない
34.PONPONPON
35.R.Y.U.S.E.I.
36.前前前世
37.愛は勝つ
38.君をのせて
39.Hello,my friend
40.いつかのメリークリスマス
41.恋しくて
42.アララの呪文
43.やつらの足音のバラード
44.心の旅
45.さらば恋人
46.ハナミズキ
47.歌うたいのバラッド
48.ら・ら・ら
49.ultra soul
50.負けないで
51.HOWEVER
52.PRIDE
53.いとしのエリー
54.翼をください
55.ヘビーローテーション
56.LOVE マシーン
57.ピンクスパイダー
58.Don't wanna cry
59.君がいるだけで
60.歩いて帰ろう
61.時の過ぎゆくままに
62.強く儚い者たち
63.クリスマスソング
64.とんぼ
65.Runner
66.大迷惑
67.止まらない Ha~Ha
68.ファイト!
69.チェリー
70.上を向いて歩こう
71.雨あがりの夜空に
72.72

  SMAP時代の曲が歌えないために、代替として歌ったとのことだが、ここで自分が注目するのは、これらの楽曲の「出版権」を持っている会社である。

 ーーと、ここで一旦、出版権についての解説が必要かもしれない。出版権とは簡単に言って「作曲された曲の楽譜等々を管理する権利」である。これらを所有している人は「その曲を例えばスコアブックなどに載せていいかどうか、その曲をライブで使っていいかどうか」などを許可・拒否することができる。

 つまり、ライブで曲を使うには、作曲者本人ではなく、この出版権を持つ人に許可を取らなければいけない。

 

 で、ここから音楽業界のカラクリがあるのだが、実は世の中のだいたいのアーティストは、この出版権を大抵、自分の所属する芸能事務所やレコード会社、楽曲を作る際に出資したテレビ局の子会社などに譲渡している。

 これでピンと来る人も多いのではないだろうか。

 

 そう。この72曲も9割の曲は、芸能事務所やテレビ会社の許可がなければ使えない楽曲なのである。*1

 本当に「テレビvsネット」の構図があるならば、こんなライブは出来るはずがないのだ。実際、72曲の中にはバーニング、アミューズ、エイベックス、テレ朝、フジ、TBSなどが出版権を所有している楽曲が含まれている。

 これらの会社は、今回のAbemaTVと新しい地図の行動に難色を示していないのだ。特に72曲の中には、目立つほどにフジの所有する楽曲が多く、今回の72時間テレビ企画に対して、裏で手を回していたのが誰だったのかを察することが出来る。

 

 この時点で分かるのは、テレビ局はもはや「ネット動画」「ネット配信局」の存在に関心を寄せ、近づこうとしている段階だ、ということだ。

 つまり、「テレビvsネット」ではない、ということ。

 むしろ、落ち目になったテレビ局が生き残りを狙って「ネットに賭けてきた」という動きさえ見てとれる。

 一体、誰が生き残るのだろうか。

*1:エンケン矢沢永吉、RADの曲など一部例外もあるが

10月に読んだ本

10月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1460
ナイス数:18

空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)空が灰色だから 1 (少年チャンピオン・コミックス)
読了日:10月28日 著者:阿部 共実
ブラックギャラクシー6 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)ブラックギャラクシー6 (少年チャンピオン・コミックスエクストラ)
読了日:10月27日 著者:阿部 共実
宝石の国(1) (アフタヌーンKC)宝石の国(1) (アフタヌーンKC)
読了日:10月27日 著者:市川 春子
いま見てはいけない (デュ・モーリア傑作集) (創元推理文庫)いま見てはいけない (デュ・モーリア傑作集) (創元推理文庫)感想
かなり面白かった。特に真相めいたなにかが、微かに見えるようで見えないところで話を終えてしまうところが、なんとも捉えがたい空気感を与えているなぁと。この、最後の最後まで何かがつっかえたような感触がとても良い。
読了日:10月27日 著者:ダフネ・デュ・モーリア
小説NieR:Automata(ニーアオートマタ ) 短イ話 (GAME NOVELS)小説NieR:Automata(ニーアオートマタ ) 短イ話 (GAME NOVELS)感想
ほとんど既読の内容だったので、あっという間に読み終える。なんか、こういう露骨な泣かせにかかるやつ、あんまヨコオゲーで良いと思ったことないんだよなー。
読了日:10月26日 著者:映島巡
マイナス・ゼロ (集英社文庫)マイナス・ゼロ (集英社文庫)感想
まあ、肝心のタイムパラドックスネタは、ハインラインのアレをほぼパクっているだけで、正直工夫もクソもないし、小説全体、目を見張るような出来でもないが……。ともかくとして、本書で興味深いのは、ある種60~70年代の日本人が強く抱く願望を考察できることである。「負けると分かっているならあの戦争やりなおしたい」「あぁ、昔(戦前)は良かった」それら全てがよく詰まっている本であり、明らかにタイムパラドックスと、ちっとも関係がない、戦前日本の様相をしつこく描写するのも、それだけのことである。
読了日:10月11日 著者:広瀬 正

読書メーター

今月の一枚・2

 

f:id:harutorai:20171020051155j:plain

愛宕  [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=65508857

 

「そこらへんの適当なランキングで4位になってた、全く知らないキャラを必ず一月に一枚描く」縛りで描いた一枚。アズールレーンのキャラクターらしいけど、さっぱり知らない。とりあえず、なんか「お姉さんキャラ」で「エロい」キャラなんだろうな、という雰囲気を感じ取って、こんな感じに仕上げ。

今月の一枚

f:id:harutorai:20171010042022j:plain

サムスリターンズ、クリア!……したのは、だいぶ前なのだけど、記念で描き始めた一枚。いやーしかし、このベビーがスーパーでああなってしまうことが分かっているだけに、むしろ、今回のサムスリターンズの演出は「作り手は鬼なのか」と。

 

 

制作過程GIF↓

f:id:harutorai:20171010171930g:plain

9月に読んだ本

9月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:562
ナイス数:6

 

読んでなさすぎて酷いわ。漫画すら、新しいものじゃなくて既読したものばっか読んでいた……僕も歳食ったかなぁ?



ネ暗トピア 1 (バンブーコミックス)ネ暗トピア 1 (バンブーコミックス)
読了日:09月28日 著者:いがらしみきお
さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)感想
星新一が翻訳してるの納得だわ…。ブレドリックブラウンの作風には、なんとも星新一っぽさがある。ひねくれたオチで世の中や思想を茶化しまくる姿勢はほぼ一緒。
読了日:09月28日 著者:フレドリック ブラウン
月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)
読了日:09月28日 著者:阿部 共実

読書メーター

今月の一枚

f:id:harutorai:20170903010401j:plain

 8月は「なにを描いたらいいのか分からない」状況が続きすぎていた。なんというか、だいたい描きたいキャラは納得行くレベルのクオリティで描いてしまったおかげで、なにも描く気が起きなかった。

 で、反省して9月から「そこらへんの適当なランキングで4位になってた、全く知らないキャラを必ず一月に一枚描く」という縛りを設けることにした。今回書いたのはマシュ・キリエライト。

 

マシュ・キリエライト |[pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64759947