BLOG・BLOG

東杜来のブログです。月に1,2回の更新。

今月の一枚・2

 

f:id:harutorai:20171020051155j:plain

愛宕  [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=65508857

 

「そこらへんの適当なランキングで4位になってた、全く知らないキャラを必ず一月に一枚描く」縛りで描いた一枚。アズールレーンのキャラクターらしいけど、さっぱり知らない。とりあえず、なんか「お姉さんキャラ」で「エロい」キャラなんだろうな、という雰囲気を感じ取って、こんな感じに仕上げ。

今月の一枚

f:id:harutorai:20171010042022j:plain

サムスリターンズ、クリア!……したのは、だいぶ前なのだけど、記念で描き始めた一枚。いやーしかし、このベビーがスーパーでああなってしまうことが分かっているだけに、むしろ、今回のサムスリターンズの演出は「作り手は鬼なのか」と。

 

 

制作過程GIF↓

f:id:harutorai:20171010171930g:plain

9月に読んだ本

9月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:562
ナイス数:6

 

読んでなさすぎて酷いわ。漫画すら、新しいものじゃなくて既読したものばっか読んでいた……僕も歳食ったかなぁ?



ネ暗トピア 1 (バンブーコミックス)ネ暗トピア 1 (バンブーコミックス)
読了日:09月28日 著者:いがらしみきお
さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)さあ、気ちがいになりなさい (ハヤカワ文庫SF)感想
星新一が翻訳してるの納得だわ…。ブレドリックブラウンの作風には、なんとも星新一っぽさがある。ひねくれたオチで世の中や思想を茶化しまくる姿勢はほぼ一緒。
読了日:09月28日 著者:フレドリック ブラウン
月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)月曜日の友達 1 (ビッグコミックス)
読了日:09月28日 著者:阿部 共実

読書メーター

今月の一枚

f:id:harutorai:20170903010401j:plain

 8月は「なにを描いたらいいのか分からない」状況が続きすぎていた。なんというか、だいたい描きたいキャラは納得行くレベルのクオリティで描いてしまったおかげで、なにも描く気が起きなかった。

 で、反省して9月から「そこらへんの適当なランキングで4位になってた、全く知らないキャラを必ず一月に一枚描く」という縛りを設けることにした。今回書いたのはマシュ・キリエライト。

 

マシュ・キリエライト |[pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64759947

8月に読んだ本

8月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1307
ナイス数:11

 

相変わらず読了数が少ないですが、でも、少しずつ本読みの時間を取り戻しています。

ヒトラーの描いた薔薇 (ハヤカワ文庫SF)ヒトラーの描いた薔薇 (ハヤカワ文庫SF)感想
最初らへんの短編は、思弁小説「世界の中心で叫んだけもの」のハーラン・エリスンらしからぬ、至って普通の短編小説で「えーっ意外ー!」なんて思っていると、案の定そんなことはなくて、途中からはまあ"いかにも"な小説の乱れ打ちになってくるのだ。表題作も結構、トんでいる。個人的には、んーそこまでハマらなかったけども、それなりには面白かったかな。
読了日:08月28日 著者:ハーラン・エリスン
雲の中では何が起こっているのか (BERET SCIENCE)雲の中では何が起こっているのか (BERET SCIENCE)感想
よくよく考えてみると、確かに当たり前のように普段眺めているけども、雲に関する基礎知識は、理系の人でも学ぶことはまずないのだ。そんな微妙な隙間にピッタリ入り込んでくる一冊。
読了日:08月23日 著者:荒木 健太郎
+チック姉さん(11) (ヤングガンガンコミックス)+チック姉さん(11) (ヤングガンガンコミックス)感想
久々に「栗井茶、来てんな」と思った11巻
読了日:08月23日 著者:栗井茶
小説NieR:Automata(ニーアオートマタ ) (GAME NOVELS)小説NieR:Automata(ニーアオートマタ ) (GAME NOVELS)感想
まず、長い話というほど長い文量ではないので、良い意味でも悪い意味でもサックリ読めてしまう代物だということは明言しておきたい。そのため、戦闘シーンなど迫力にかけているし、ゲーム内の雰囲気を文章にすることができたかというと甚だ疑問だ。とはいえ、ゲーム本編で語られていない部分の描写には新鮮さもあって、そこは面白い。そんなバランスの本。この著者に期待してもしょうがないのはDOD3で分かりきっている話なので、これくらいで合格とすべきか……。
読了日:08月23日 著者:映島巡
ポー詩集 (新潮文庫)ポー詩集 (新潮文庫)感想
素晴らしい!詩であっても、ポーはポーだった!
読了日:08月23日 著者:エドガー・アラン ポー

読書メーター

7月に読んだ本

7月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:643
ナイス数:10

忙しすぎて三冊しか読めなかった……。


ヘッセ詩集 (新潮文庫)ヘッセ詩集 (新潮文庫)感想
ヘッセの小説の個性というか、独特さなどから考えると、詩の方はヘッセらしいものを、あまり見いだせない。わりとヘッセ以外でも書いてそうな普通の習作ばかりだなぁという印象。
読了日:07月16日 著者:ヘッセ
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)感想
ちょいちょい「えぇー!それ評価してんの?!」とビックリしてしまうところはあるものの、スタンダードから変わり種までキッチリと押さえているところはさすが。ただ、読みながら「この人、思った以上にクッソ真面目なタイプの人間なんだなぁ」とも。呪怨とか、アイデンティティとか、「あんなのギャグじゃん」って言い出す人もいるからねー。
読了日:07月15日 著者:荒木 飛呂彦
渡くんの××が崩壊寸前(4) (ヤンマガKCスペシャル)渡くんの××が崩壊寸前(4) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:07月12日 著者:鳴見 なる

読書メーター

今月の一枚・2

f:id:harutorai:20170716225038j:plain

KING OF BANDIT JING  [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=63899094

今まで以上に、自分のイメージを見事に吐き出せた気がする。そんな作品。

題材は「王ドロボウJING

もはや伝説的と呼んでもいい、コミックボンボンとVマガジンで連載されていた漫画で、そろそろ電子書籍版が出ることになっていて、楽しみすぎて一枚描いてしまった。