読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG・BLOG

東杜来のブログです。月に1,2回の更新。

12月に読んだ本

2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1878ページ
ナイス数:7ナイス

なんとか、12月は6冊読了。……ノルマは8冊だけれども……。

2016年は本当に酷かったねぇ……。


星の王子さま (新潮文庫)星の王子さま (新潮文庫)
読了日:12月31日 著者:サン=テグジュペリ
リュシル: 闇のかなたにリュシル: 闇のかなたに感想
うーん。…なにこれ?
読了日:12月30日 著者:デルフィーヌドゥ・ヴィガン
地底旅行 (創元SF文庫)地底旅行 (創元SF文庫)感想
有名な小説だが、改めて読んでみると「未知を知りたい」という探求心のみで始終を押し通した、そこがとても素晴らしい小説だな、と。この小説には、敵も、恋もない。ひたすらに夢想を綴ったもので、ある種ファンタジーでもある。実在の科学者の言説を並べつつ、しれっと嘘も織り込んで、自らの設定に説得力を持たせる等の工夫も非常に読んでいて面白い。
読了日:12月25日 著者:ジュール・ヴェルヌ
ファインマンさんは超天才ファインマンさんは超天才感想
ファインマンの人となりを追う形での一冊となっているが、うーん。確かにそのおかげで、だいぶ取っつきやすい内容にはなったのだが、これはこれで困ったもので、バカ向けすぎてつまらない部分がある。これで天才の中身を知ろうなど無理。ただ、ファインマンが、様々な現象や科学理論を、具体的なイメージで説明していくくだりは、なかなかのもの。そんな捉え方があったのかと、虚を突かれる。
読了日:12月25日 著者:クリストファー・サイクス
黒猫・黄金虫 (新潮文庫)黒猫・黄金虫 (新潮文庫)感想
黄金虫は面白い。…が、結構イマイチな短編も多いのが難点というか。
読了日:12月4日 著者:エドガー・アラン・ポー
フォン・ノイマンの生涯 (朝日選書)フォン・ノイマンの生涯 (朝日選書)感想
んー。マクレイがノイマンを讃えすぎているせいで「この本に書いてある話しのどこまでを、ちゃんと裏付け取ってんのかなー」と気になってしまって、全然ちゃんと読めないんだが…。あと、限界効用やゲーム理論(の初歩)を御大層に説明するのもなぁ…。そんな難しい話じゃないぞ?それ。スノッブすぎ。
読了日:12月1日 著者:ノーマンマクレイ

読書メーター

広告を非表示にする