読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG・BLOG

東杜来のブログです。月に1,2回の更新。

10月に読んだ本

2016年10月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1152ページ
ナイス数:13ナイス

 

 こっちのブログの更新を完全に忘れていました。なので、10月は無更新。本の方も、あんま読めなかったような……。不屈の棋士についてはいろいろ解説したいことが多いんだけれども、とても読書メーターの文字数では。。。


不屈の棋士 (講談社現代新書)不屈の棋士 (講談社現代新書)
読了日:10月30日 著者:大川慎太郎
あそびあそばせ 2 (ヤングアニマルコミックス)あそびあそばせ 2 (ヤングアニマルコミックス)
読了日:10月29日 著者:涼川りん
新編 黒部の山人 山賊鬼サとケモノたち新編 黒部の山人 山賊鬼サとケモノたち感想
「昔は猿も食ってた」「死んだ遭難者を重油で焼いて…」「大物猟にはバカなオス犬がいい」「獲ったやつの血を犬に飲ませて…」「カモシカ撃ったらそいつが落ちて雪崩起きて…」「村からは百姓やらないで怠けてると言われてた」――――書ききれないほど、トンデモナイことしか書いてない! 伝説の山人、鬼窪さんの語り書きの一冊とのことだけど、いや、山とかに興味ない人でも一読した方がいいほどによく出来ている本。下手な小説よりも遥かに面白い。訛りの混じった「語り」と、経験しているからこその濃密な描写が文学としても素晴らしい。
読了日:10月26日 著者:
陽気なお葬式 (新潮クレスト・ブックス)陽気なお葬式 (新潮クレスト・ブックス)感想
個人的には「本当にリュドミラ・ウリツカヤの作品か」と思うほどに、三文小説のようなありきたりな内容で、少し唖然とする。陳腐な感情論にもうんざり。んー、翻訳の文章がウリツカヤの微妙なところを掬い上げていない可能性もあるが……。ロシア語には詳しくないので判別できない。とりあえずは「リュドミラ・ウリツカヤは良い作家だけど、人に勧めるときには、まず最初にこれだけは外す」とだけ…。
読了日:10月21日 著者:リュドミラ・ウリツカヤ
新装版 ウッディケーン・上 (KCデラックス)新装版 ウッディケーン・上 (KCデラックス)
読了日:10月21日 著者:横内なおき
少女ABCDEFGHIJKLMN少女ABCDEFGHIJKLMN感想
うーん。どうでも。
読了日:10月8日 著者:最果タヒ

読書メーター

広告を非表示にする