読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG・BLOG

東杜来のブログです。月に1,2回の更新。

この本は面白い

と思うよ!

 

「と思うよ!」始まりとはなんぞと思うかもしれないが――といういつもの前口上は置いておいて、さて、というわけで、今回も読んでいる真っ最中の本で、読み終わる前に「これはひょっとすると面白いんじゃないかな―?」と思ったものを紹介する。

 今回はこれ。

歩道橋の魔術師 (エクス・リブリス)

歩道橋の魔術師 (エクス・リブリス)

 なんでも、台湾の新鋭作家なんだそうなのだけど、これがまあ、滅法に話が面白い。少なくとも、一番最初の短編であり、表題作でもある「歩道橋の魔術師」は、素晴らしかった。ちょっとテイストとして最近の平山夢明に近いところがあって、1980年代くらいの、台湾の下町で起こるマジックリアリズム(ただし、平山夢明よりはグロが控えめ)といった感じの小説となっている。

 おそらく、この表題作の面白さからいって、たぶん、他の短編もかなり面白いと思う。ちなみに、次の短編。チラと冒頭を見てみたらフェイスブッククッツェーという単語が目に入った。なんだその短編、メチャクチャ気になるんだが!

 

 というわけで、この本、おそらく面白いと思う。

 

 じゃ!

 

 

歩道橋の魔術師 (エクス・リブリス)

歩道橋の魔術師 (エクス・リブリス)

 

 

広告を非表示にする