読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG・BLOG

東杜来のブログです。月に1,2回の更新。

出会いってないもんだねー

 って思うよね。

 

 いい加減、結婚でなくてもいいから、パートナーくらい居ないとダメなんじゃないかって思うこの頃だけど、出会いっていうのはなかなか無いものだ。みんな異性とどうやって出会っているのか知りたいよね。

 あ、いや、この前提を入れるの、忘れてた。

 

「まともな」異性とどうやって出会っているのか、だね。

 まとも、というのは。人によって基準が異なって、それこそ性格が酷い人なんかは年収だったり、資産だったりを基準で「まとも」を判別するんだろうけど、僕のまともの基準は、もっと簡単だ。

 

 気持ちとして、僕と対等であること。

 

 対等であるというのは、能力の話じゃない。別に学歴、学力、資産、財産、全部なくていい。僕もないからどうでもいい。ただ、普段の生活のとき、男女半々でちゃんと家事とかやってくれるような人。「男ならこうするのが決まり」そういう馬鹿げたことを言わない人。僕も「女ならこうするのが決まり」なんてバカバカしい幼稚なこと言いたくないし。

 僕の立場を低く見るわけでも、高く見るわけでもない人。

 それが僕にとっての「まとも」の基準。

 「おっとりとした性格」とか「天然でなんでも言うこと聞いてくれそう」とかそういうのはどうでもいい。というか、僕は男にしては珍しく、そういう女性が苦手だ。というか、虫唾が走るタイプだ。なので、むしろ、絶対ダメである。

 そして、逆に、妙に表面上だけかっこつけたがる女性も苦手だ。口だけは立派だけど、行動が一切伴わない、特定の場所ででかい顔をするタイプのアレである。グループの中でエライ顔してそうな。アレもダメである

 前者は僕に従いすぎる。

 後者は僕を従わせようとしすぎる。

 という理由で、ダメである。

 僕をだいたい対等に見てくれる人であれば、それでいい。趣味が合わなくてもいいし、特別に容姿が優れてなくてもいいし、体型がどうのとかも言わない…余程でなければ。

 異性を対等に見てくれる人であればいい。

 そんな人と出会えれば、いいんだけど…そもそも、そんな人、世の中に存在しているのだろうか。僕はこの世の中で、誰よりも一番の高望みをしているのかもしれない…。

 じゃ!