BLOG・BLOG

東杜来のブログです。月に1,2回の更新。

掌編:口論

「あんまり、はしゃいで走り回るのはやめなさい。みっともないわ。ほらほら、あなた、あんまり走り回るものだから、音程が変わってるじゃないの。あなた、キャーッでしょ。キャーッの黄色い悲鳴なのに、ちょっと音程上がって、それじゃどちらかというと、キィーッよ。あなた、キィーッさんになってるわよ」

「はぁ? キィーッとか、マジ、ウケるし。言ってることイミフじゃん。私、キャーッだし。キィーッじゃないし。知らねーっつーの」

「本当になってるのよ。いいから、ちゃんと人の話は聞きなさい。キィーッって聞こえてるわよ今のあなた」

「うぜー。バカじゃないの。ババアの方こそ、喋りすぎて、クスクスじゃなくて、ゲスゲスって感じだけど」

「まあ、ゲスゲスとはなに? それが親に向かって言う言葉なの?」

「言葉ぁ? はぁ? マジウケるし。言葉とか。ウケるわ」

「ちょっと、ちょっと、話はちゃんと聞きなさい」

「話はぁ、ちゃんとぉ、聞きぃなさぁい~とか、ぷっ。ぷっ」

「いい。そんなんじゃ、外に出たときキャーッだって思われないわよ。本当にキィーッと思われちゃうのよ。それいいわけないでしょ」

「別にぃ。私、友達の間でちゃんとキャーッだって解ってるし、別にそれで問題無いじゃん。うっぜーな。きめーんだよ。あー、きめぇ。うぜー。ははっ、ババアのゲスゲス、クソウケる」

「もういいかげんにしなさい。なんて子なの」

「うるせーな。騒音のくせに、マジウケるし」

「あ…」

「あ…」

 二人とも、ボエーッってなって、出て行った。

広告を非表示にする