読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BLOG・BLOG

東杜来のブログです。月に1,2回の更新。

小説

自分のカクヨムの宣伝

カクヨムの小説、相変わらずスローペースだが、書き進んでいるので一応、このブログで宣伝しようと思う。とはいえ、ただ、べたっとタイトルだけ貼ってしまうのは、つまらない。なので、今回は自分の小説に、いつの間にか付いていた三ツ星レビューを貼ろうと…

カクヨムで小説、実は連載してました。

カドカワとはてなが作った小説サイト「カクヨム」だが、滅多にこういう新しいものに手を出さない(出してもすぐに手を引いてしまう)僕が、なぜか、2月初めからずっと小説を書いていた。 kakuyomu.jp タイトルは、少年魔法少女。 もうすでに星が7つほどつ…

電子書籍を出しました。

これです。 『STARSLAVE(仮)第二章』 東来杜著

掌編:対話4

「頭の悪いことを言いたい。私は頭が良すぎると思うのよ」「お、その言葉でもう十分じゃないかな」「なんだ、それ。なんだと、それ」「頭の悪さは保証できたよ。さすが、頭良いね」「頭良いと言われるのは嬉しいけれど、同時に頭が悪いと言われるのはムカつ…

掌編:ストラテンポ7号、二時三十分

完成の期限が迫っていることに焦りを覚えて、僕は何を思ったのか、おもむろにストラテンポ7号を作り上げ、そして、バイウンの天井へとスリヤツクラの穂先を捧げることにしたのだ。ストラテンポ7号の勢いや良し、バイウンの天井に届きかけたが、しかし、上手…

掌編:普通

蚊に刺されてないけど、なんか痒い気がするのは、なぜだ。そういえば、小さい頃は夜中に蚊に刺されたのだろう、夜中に蚊に刺されたのだろうと、ぷっくり膨れた僕の肌を見ながら呟く両親を見て、僕はひそかに「夜中、僕の肌だけチクっと刺していく蟹」を想像…

掌編:砂遊び

雑草の味を噛んでみるのは、一つの実験だった時期もあったと思う。一つの草は酸っぱくて、一つは苦いのだ。そういう時期があったと思う。今にしてみると、どれも無味な上に、なんだか食べられたものではないのだけれども。あの日、僕らはなにかを発見したか…

掌編:月の真似をして

月の真似をして、水面に映るつもりだった。 月の真似をして、輝くつもりだった。 月の真似をして、夜中にいるつもりだった。 月の真似をして、寡黙でいた。 月の真似をして、ただ存在していた。 月の真似をして、白くあるつもりだった。 月の真似をして、カ…

掌編:眠気

ふああああああ……ああ……うううううううん……ああ……うーん……うーぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅん……よしっ……よしっ……やろう、やんないとな、やらないとマズイんだよな、うん……頑張って……頑張って……くわああああああああああ……ふぅ……うーん……はぁ……アメないかな……アメ……

掌編:天使の性別

たまに、心の中で少女が疼く。僕は男だというのに、そして、性同一性障害のようなものを持っているわけでもないのに、なぜか、ふと、少女が芽生える。街を歩いていると、女性を目で追う時がある。性的な対象として見たためではない。憧れを持って見たためだ…

掌編:対話3

「最近、ココアにハマってるんだよね」「なにこれ、苦いんだけど」「それは純ココアだから仕方ないよ。砂糖を混ぜてゆっくり練って、自分好みの味に仕上げて牛乳で解いて飲むものだからね。自分好みにできるあたりが、僕のお気に入りなんだよね。とても美味…

掌編:運ばれる人

冷たい……ソーダ水なのだから当たり前だ……氷……入っているので、なおのことだ……手が痛い……触れすぎていればそうなる……頭痛……ちょっと急いで飲み過ぎたからだ……爪が……ちょっとだけ紫めいている気がする……そんなに触っているから、氷がだいぶ溶けている……薄い………

掌編:わぁ

あまりにも実体がなさすぎるとはどうしたものか。それでいて、大した意味も存在していない(――実体のなさと相関しない形で、物事の重要性が担保されていることも十分ありえるわけで)のだから、実にどうでもいい話をしていると言えた。そのため、こちらが飽…

掌編:対話2

「背景はいると思う?」「いると思うって、私の目の前に絵なんて特にないのだけど。映画もないし」「でも、背景があるものはあるでしょ」「絵でも、写真でもなくて?」「うん」「それで、背景があるもの――あぁ、そういうこと」「そういうことなんだけど、で…

掌編:対話

「どうかな…それ、美味しいかな」「それって、ビーフシチュー? それとも、このサラダの方?」「サラダの方かな。ドレッシングの味を変えてみたのだけれど、分かるかなと思って……でも、あぁ、自分で食べてみて気がついたけれども、あんまり印象が変わらない…

掌編:身の回り

黄色い目薬をさす。赤い蜘蛛の背中に染み入って、蜘蛛はだんだんと身を細くした。徹夜明けの体に、朝は辛い。体のバランスがだいぶ狂っていた。椅子に座っていただけだというのに――いや、座っていただけだからこそ、節々がこわばってしまっていた。ほぐれる…

掌編:街

昼間は何も起こらない。確信を持って言えるが、ここは、昼間、なにも起こらない街だ。人が大勢居て、行き交っている一番の時間が昼間だが、同時に、昼間は滅多にはなにも起こらない。各丁目の住人たちは寝静まり、ビルの隷属は目を痛めている。被服の者達は…

掌編:青い瞳

もはや珍しくもなくなった。何気なく朝に感じる事が多いが、それでもどうでもいい。瞳がこちらを覗いていることは、いつでも気がついていたし、そして、それが大した発見になっているわけでもなかった。青い虹彩を最初は珍しいと感じてはいた。僕たちは黒い…

掌編:誰かの掌

節くれだった指が、そっと伸びていって一つの実を摘む。口に入れた途端に、存在は消えて、やがて、雲の隙間から降りてくるものを胸に留める。

掌編:サーカス

今年のサーカスの一団は奇妙だ。ピエロがまずいないのだから、そして、ライオンがいないのだ。次にバレリーナもいない。体操選手、いるわけもない。団長がそもそもいない。酢を好んで飲んでもいない。空中ブランコの曲芸師たちも、見当たらない。そして、な…

掌編:きっと

「僕はまたきっと、周りの目を気にしながら『自分の意志でやりました』と、そう言い放って、周りを喜ばせるのさ。くだらない」 「実際は周りが怖いだけなのに」

掌編:ファーベラルティン

人はみな、ファーベラルティンのせいだという。ファーベラルティンとは、誰かが事故で生成した、概念であり、それは絶え間なく、陽青色をしながらも、時折には黒天色と化していると言われる。概念的かつ、物質的で科学者の興味も突きず、哲学者の心も満たし…

掌編:気球

烈火を乗せた気球が飛んでいる。撃ち落としたくて、仕方ない烏たちは、必死に啄いて気球の膨らみを割ろうとするが、しかし気球の皮は思ったよりも厚く、まず破れない。パチンコを飛ばす子ども、戦闘機の機銃、対戦車ライフル、雷、様々を持って気球を撃つが…

掌編:同じ場所へ

抱きすくめられて、声を上げた赤ん坊は、やがて夕日の背中に乗って旅立っていった/きっと、明日の午後には雨降りの中で、サーカスの傘を差した無邪気さに支えられて、一人で無事に目を閉じるだろう/浅い眠りの中で、曇天を見上げて、忘れてしまったはずの…

掌編:いんこは鳴かない

捉えられない街の中を歩いていた。この文章はそこで記されていたものを、私がそっとメモをし、それから、しばらくして、外にだすべきか否かを迷い続け、そうして、今ココに記すことにした文章である。この文章は街の空に、貼り付いていた。そして、夢を見る…

掌編:アトランティック・マム

名 称 アトランティック・マム 原材料名 鶏肉、蟹、夢見灰色のなに かに相当するもの、水あめ、 アトランティズム、水酸糖れ ん乳、食用マヒマヒ、香料、 カラメル色素、乳化剤 内 容 量 50g(個別紙込み) 賞味期限 欄外三親等先に記入 保存方法 染毛態外気…

掌編:彼女と僕の終着

六十九階でも構わない。僕らの先は、既にそこに決まっているなら、もう進むしかないだろう、と、彼女は冷淡に言った。「痒いのだ」という、羨ましくも、妬ましくも、うっとおしくもあってだから痒いと、よく爪を立てて、肌を撫でていた。慰め合いも、励まし…

掌編:離れている

私の手は、現在、雲の上にある。対して、私の足は椅子の下にある。心は遠い海の向こうにある。頭脳は地中深くに眠っている。耳はビルの屋上にある。目は全てを見渡している。 手はやがて落ちて、誰かの頭を撫でていた。気味悪がられて、乱雑に道路へと投げ捨…

掌編:虹を食べる

虹を食べる。病みつきにさせる泥のマスクを被って舞踏会の壁に、足を付けてみる快感に等しい行為によって、(――舞踏会の壁は嘘だ。本当は鉄骨の芯に含まれる鉄の、吸い付きやすそうな心の中に、それは存在すると考えられている。存在するというのは、つまり…

掌編:感触

色彩を帯びた音たちに囲まれて、温かい気持ちで眠れ。ときに明るくも暗くも冷たくも熱くも全てを帯びるが、色彩の全てを感じて、明日への夢を見ろ。言語の混じった色を見るべきだ。温度の混じった音を触ってみるべきだ。 例えば、クリノリンだけを付けた少女…

掌編:残念。

犬が駆け寄ってくる。 彼に触ろうとした途端、後ろから、祈祷師が呪文を唱えてしまった。 残念。 犬はゾンビになった。 猫を見かけたので、触ってみようかな。 彼女に触ろうとしてると、背後から、呪術師がおまじないを掛けてしまった。 残念。 猫はゾンビに…

掌編:背中と背骨と眼と眼孔となにかとなにかとなにかとなにかとなにかとなにかとなにかと

背中を埋め込まれたと、君は後悔してゴミ箱を出て行く。 眼孔には、背骨が入っていて、それが絶えず動き回っている。 しまった。 なんてことだ。 もともと、君は背骨のある人だったが、数年前にそれは捨てていた。 捨てた理由は、当然だが、背中なんてものが…

掌編:欠陥品

冷たい指を触れてみる。指紋の微妙な凹凸があり、その指紋は、私の指紋と時折噛み合うような、ズレるようなこそばゆさだった。私は肩を震わせた。手の甲に、ゆっくりと円を描く、真円ではない。幼児が描く撥条のような、曖昧な螺旋を書き付けた。反応はない…

掌編:空

空を掘って、抜け出すことを考えたのはいつのことかよく覚えていない。ともかくとして、その日、僕は空が土塊のように、ベタッとした質感のなにかであることに気づき、そして、長いスコップでコツンと先を啄いてみたりしたのだ。 ボロボロと取れていく空。僕…

掌編:月下

血を吸われていることに気が付いて、僕は目を開ける。彼女がいた。またかと溜息を付く。これで何度目になる。よく覚えていない。ともかくとして、月下、彼女は僕の首筋を噛んでいた。やがて、血を吸っていた彼女は、吸い込まれるように僕の血管の中へと、し…

掌編:名言

これはよく出来ている(――出来てはいない)と画廊(――ここは暗喩である)の絵(――同左)を見て呟く彼(――存在していない、大勢の一人を指した三人称)は、大げさに絵を褒め称える。素晴らしき名言が、飛び交う。大河を渡るような心地を持っている、一つのあ…

掌編:ヌンラシュトリツム

ヌンラシュトリツムについて、語るべきスペースが限られすぎているため、なかなか語られる機会は少ないと見られている、このヌンラシュトリツムは、ヌンラシュトリスムでもなければ、ヌラストーリズムでもなく、ヌンラシュトリツムであり、ヌ・ンラ・シュ・…

掌編:崇めよ、崇めよ

とにかく、仰ぎ見ろと人は言う。なぜ、仰ぎ見るか(――ような信じるようなものをするか)、そこは重要ではない。仰ぎ見ることで救いがあると信じることがなによりも重要で、救われると信じることが核心で、自分を救ってくれる、そんな都合のいいもの(――が、…

掌編:松阪牛背中男

薄暗闇から男がぬぅっと現れた。出で立ちを言えば、中折れ帽にコート、常に濁った瞳で鋭くあたりを見回し、皮肉の上手そうな口が、得意気に折れ曲がっている。葉巻を咥えて、吸う。香りを噛んで、ゆっくりと舌を回す。口から零れた、白い煙は亡霊のように空…

掌編:口論

「あんまり、はしゃいで走り回るのはやめなさい。みっともないわ。ほらほら、あなた、あんまり走り回るものだから、音程が変わってるじゃないの。あなた、キャーッでしょ。キャーッの黄色い悲鳴なのに、ちょっと音程上がって、それじゃどちらかというと、キ…

掌編:トンネルの中は真っ黒

トンネルを抜けると、拔ける前に私はとっくに死んでいた。なぜだろうか。 そうだ。 なぜかと言えば、殺されていたからだ。 殺された理由は、簡単で私が彼の財産を奪ったからである。 いくらほど奪ったかというと10億だ。これほどの大きい金額ならば納得だろ…

掌編:嘘つきは泥棒の始まり

自分を理解してくれる人がきっと世界のどこかにはいて、だからこそ、ニッチな方法論で、これからの世界は自分の収入を得ることが出来る(――嘘つきは泥棒の始まり)のです。 当然ながら、僕はそんなもの信じているはずがない(――嘘つきは泥棒の始まり)のだけ…

掌編:朝

朝起きたときにはもうとっくに飼い犬のボン・ボン・ボンくんが隣の雌犬と盛っていて犬さえ出来てるのになんで僕だけは未だにこうも童貞なんだと悲しみながら顔を洗ってみると鼻から血が出ていることに気が付いてティッシュで何度か拭っているうちに治まった…

掌編:棺

死体が腐らなくて困っていたのだという。某国の話である。そこは基本的に死体は土葬であった。手厚く、丁寧に葬ることが死者への手向けという、国だった。だが、丁寧に葬っていたのがまずかったらしい。無菌状態の棺では、死体が腐らず、次の死体が入れない…

掌編:グラスビュー

見つめるのだ。そっと見つめ続けるのだ。そうして、グラスの向こうにある景色を、与えられるようにではない形で見出すのだ。例えば、色のついた硝子でもいい、真っ黒な烏でもいい、誰かのツマミの唐墨でもいい、色の澱みから上澄み取っただけのような発色を…

掌編:星の下

嚥下したシロップが、喉に引っかかって今もちょっと苦しい。一緒に空を飛んだはずの彼女は、抵抗ないように平然としていて、不公平を味わう。シロップは透明だったと彼女は言う。僕はそうは思わなかったので、とりあえずブルーのようだったと答えた。限りな…

掌編:その名を…

淋しい家に住んでいる。今年も冬を迎えて、ますます厳しい淋しさとなったこの家には、僕以外の誰も住んでは居ない。床がしんとしている。窓から差し込む白い光がありがたい。陽だまりの中に入っていると、体から少しだけ、空白感が抜けていく。温かみのせい…

電子書籍出しました。

大晦日ですね。電子書籍を出しました。 『ゆやれを拾った話』 東来杜著 レッツ、ダウンロード!

電子書籍を出してみた。

正確には、未完の状態だけど、当分、仕上げる気がないので、一章までを公開することにした。 「STARSLAVE」 『STARSLAVE(仮)』 東来杜著 まあ、タイトルに個人的な趣味が出すぎだね。STAR SLAVEで検索したら、たぶん元ネタがすぐに分かると思う。その割に…